2022-06-21

Podcast 出演者紹介③Ep19 Yuki(CHARI&CO)

PODCAST「Fashion Talk」の出演者を紹介する特集です。

さて、、、改めまして、、、というか自己紹介をもう一度!?「Fashion Talk」はFashionを愛するゲストとのフリートーク、時々我々の雑談会を通じ、新たな発見と出会い、そしてほんのちょっとの暇つぶしになればいと思い、ラジオっ子であるindigozineの2人が始めました。収録は大体がBIGJOHN東京支社で行われ、編集までを全て自分たちで完結させています。初めてからほぼ欠かさず毎週アップしています。基本的にはファッションの話を中心にしていくのですが、ゲストの方の経歴を聞いているとファッション以外での会話が大きく盛り上がる傾向にある為、大きくそれる事が多々あります。2人の共通する趣味はスポーツと音楽です。ドラゴンズにタイガースそしてMLB、音楽は編集長はHIP HOPとDance Music、RyuichiはROCK、PUNKS。お互いが通ってきたカルチャーが違う為、自分と近しいルーツを持つゲストが来られるとどちらかが前のめりになります。そんなインディーズ感あふれる構成でお届けしていますが、幸いにも暖かいお声が多く喜んでいます。是非サブスクライブお願いします。

節目にはこんな話もしています。

前置き長くなりましたが、今回ご紹介するゲストはこちらの方です。

Yukiさん(センター)Yukiさんとのインタビューの為仕込んだNYのキャップ。カメラマンはEpisode2に登場のJohhy。

Episode19に出演下さいました、CHARI&COの創業者のYukiさんです。何度か飲みの席でご一緒させて頂きご縁が生まれました。同じ兵庫県出身でファション界の先輩という事で、一方的な親近感を抱いておりました、当時はニューヨークから一時帰国中で、その時のお話がとても興味深く、いつか皆様にご紹介したいと、温めておりましたゲスト方の1人です。オファーを快く受けて下さいましたYukiさん、改めましてありがとうございます。

PODCASTでは今までも海外に住んでいた方が何名か登場されているのですが、共通して言えるのが思い立ったタイミングですぐに行動されている所です。 Yukiさんも同じくで、9.11の同時多発テロがきっかけで初めて行ったニューヨークに衝撃を受け、帰国後お金を貯めて再び渡米されています。 海外に興味はありましたが、実際に住む事までは想像出来なかった私からすると凄いなと思います。

Episode(1)では渡米前のお話しや渡米後の貴重なエピソードをお話しされています。

Yukiさんはニューヨークでのアルバイト生活の後、2008年に30歳でロウワーイーストサイドに実店舗CHARI&COをオープンされています。ニューヨーク生活で貯めた10万ドルをオールベットの一代勝負の模様も面白かったですね。

画像元)LINZINE様※画像のクリックでYukiさんのインタビュー記事に遷移します。
画像元)LINZINE様※画像のクリックでYukiさんのインタビュー記事に遷移します。
Episode19(2)後編ではお店を出されてからの話を中心にインタビューしました。是非本編をお聞き下さい。

日本製のクロモリトラックフレームを扱うショップは人気店となり、自分たちの自転車チームを持ち、その後ウェアの展開もされています。 人気のTシャツは、後身に自転車に乗った際の視認性を高めるリフレクターディテールを配置したデザインがアイコンとなっています。また、Yukiさんの幅広い繋がりから、世界でも注目されている日本人アーティストのKYNE氏やMEGURU YAMAGUCHI氏、グラフィティレジェンドのSTASH氏など様々なアーティストとのコラボレーションも展開されてきています。 そんなCHARI&COの当時の店舗は、映画”はじまりのうた” (原題: Begin Again)のワンシーンに登場していますので気になった方は是非映画をチェックしてみてください。 現在は日本に帰国され、活動の舞台を東京に移されているYukiさん。様々な人種とカルチャーが混ざり合うニューヨークで培われたその感覚で、今後どのような展開を広げて行かれるのか楽しみにしています。

自宅フールバルコニーでのBBQ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。