Podcast 出演者紹介②Ep10 Toshiya

indigozineのFashion Talk好評配信中でございます。ほぼ全てのPlatformに対応していますので、よろしくお願いします。

Spotify Apple Anchor Google こちらからどうぞ。

今回は記念すべきEpisode10に出演して下さった、Toshiyaさんをご紹介します。

収録のご縁はちょっと変わった関係から。お会いする前に事前の打ち合わせの段階でかなり盛り上がりました。裏原カルチャーを通った方なら、ワクワクする内容です。

横浜市出身のToshiyaさんは大学を卒業後、雑誌Fineの編集として日の出出版社に就職されます。収録でもお話しくださいましたが、Fine時代のエピソードトークもかなり面白いので是非お聞き下さい。そして若干28歳で編集長に就任され、ストリートとファッションを融合させた今のスタイルを作り上げ、同時にシーンの目撃者として貴重なカルチャー情報を発信をされ続けていました。

そして渡米され、様々な経験人脈作りを経た後、雑誌「warp」の編集長として、創刊からご尽力されました。

表紙の起用したビースティ・ボーイズに関する思い出も語って頂きました。かなり音楽に脱線する放送です。

現在は、ここでしか読めないアーティスト、クリエイターのインタビューや、見やすく洗練されたビジュアルでストリートやカルチャーそして音楽特にHip Hop好きには堪らない、本当にこのクオリティで無料なんですか?なフリーペーパー「FLJ」を立ち上げられ、編集長と会社の代表二足の草鞋で幅広くご活躍されています。ちなみにフリーペーパーにした経緯は、「最近雑誌売れないんだよね。」という会話からタダにすればいいじゃんという大胆な発想から。

すごいメンバーが集まる表紙です。

私はこの辺りのカルチャーを思いっきり通った世代なため、Toshiyaさんが仕掛け発信していったものに、しっかり反応してきました。そんな方と普通にラフな感じでお話をせて頂き感無量です。FLJはカフェやセレクトショップなどで最新号が手に入れられますので、見かけたら是非お手に取って見てください。

FLJのInstagram

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。