湘南アメカジ日帰り旅行のススメ③鎌倉お散歩エリア〈デニム散歩〉

デニム散歩

13:30 134号沿いのカフェでランチをしたら、今日の一番の目的地「アメ車庫」へ。素晴らしいアメリカンビンテージが所狭しと並んでいると有名な雑貨屋さん。今日の目当てはコレクションしているファイヤーキングを買い足したいところなんだが。

14:00 鎌倉らしい風情のある道路を走りながら到着。

中に入った瞬間、圧倒された!所狭しと並ぶ品々、さながらアメリカのガレージセールを凝縮したような店内。

US時代のファイヤーキングもずらりとならぶ。

インディアンジュエリーも沢山。

実際に使われていたロードサイン。

「オーナーの著書」

店長の小山さんがお茶を出しながら、コレクションの由来やオーナーについて、お店について教えてくれた。
雑多(スミマセン)な店内の数々は、オーナーが45年にわたりコレクションしたアメリカンビンテージのコレクションだそうだ。
最近はミッドセンチュリーブームもあいまって、食器や照明などがよく売れるとの事だが、
創業以来売れ筋という売れ筋がなく、とにかくアメリカが好きな方がビビッと感じたものを買われるんだそう。

ファイヤーキングを探しにきたのに、実際に買ったのは昔の少年向け図鑑やコースター。
50年前のLIFEが良い状態で残っていたり、大谷翔平のバブルヘッドがあったりで、新旧問わずかなりの品数があった。当初の目的を見失いつつかなりゆっくりしてしまう。

後ろ髪を引かれる思いで、駅へ方面へ向かう。

15:00 駅の近くに車を止めて、ちょっと甘いものを探してみる。

LOCOな看板に誘われ入ってみる。

湘南エリアで数店舗展開するミサキドーナツは季節の素材を生かした手作りのドーナツが楽しめるお店。10数種類のドーナツが並んでいるので、かなり迷ってしまう。鎌倉店では店内調理をしており、ドーナツのあまーい匂いが嗅覚を刺激する。

結局1つで決めきれなくて、今日はチートデイと言い訳して2つ注文。
チェーン店にありがちな、いやな甘みがなく、上品な素材の風合いと柔らかい触感がクセになりそうだ。

由比ガ浜大通りや商店街には古着屋や、セレクトショップが多く点在する。
ミサキドーナツから歩いてすぐの素敵な外観に引かれて「Chapter Vintage」に。

美人で古着をかっこよく着こなす店員さんがお店の特徴を教えてくれた。
Chapter Vintageでは70’sから90’sのアメリカの古着を中心に展開しており、メンズ、レディス、Kidsと幅色い人がときめくセレクトを心掛けているそうだ。お店は広くないが、窮屈な感じはなく、バランスの良い陳列と絶妙な品数数で飽きないお店になっている。なにより気さくな店員さんなので、ついつい長居してしまいそうだ。

他にも沢山寄ってみたいところだが、行ってみたいコーヒー屋と葉山の夕日が沈むハバービューというドベタなデートプランなので、急ぎ足で「逗子・葉山」エリアに移動する。

タイトルとURLをコピーしました